menu

連動企画【グルメ情報】

*WEB限定 連動企画*

美味しい五月祭 応援団

お腹が空いては五月祭巡りは出来ません、

という事で…

このページでは五月祭を応援してくれている飲食店さんのウェブサイトをリンク集にまとめてご紹介致します。

また、今回は五月祭プレスS+M+Lの記事と関連した特集をリンク集の後に掲載していますので、こちらもぜひお読みください。

 

【リンク集】

店舗情報はリンク先にてご確認いただけます。
*五月祭特別メニュー提供のお店には《五月祭メニューあり》と表記しています。
(※メニュー詳細は店頭にてご確認下さい)

【五十音順】

 

アジサイ舎(ギャラリー&カフェ)

 

» アジサイ舎のウェブサイト

 

イタリア料理 デルフィーノ

 

» デルフィーノのウェブサイト

 

イタリア料理 B-gill

 ★五月祭メニューあり★

» B-gillのウェブサイト

 

ギャラリー&カフェ あそび心

★五月祭メニューあり★

» あそび心の紹介サイト

 

茶寮 一丈(和食)

★五月祭メニューあり★

» 茶寮 一丈の紹介サイト

 

see the forest(コーヒーロースタリー&カフェ)

 

» see the forestのウェブサイト

 

Dining  Nayuta(ダイニングバー・カフェ)

 

» Dining Nayutaのウェブサイト

 

 BAAN HATAH・バーンハタ(タイ料理)

 

» BAAN HATAHのウェブサイト

 

 BISTROT quechampla・ビストロくさむら(スペイン・カタルーニャ料理)

★五月祭メニューあり★

» くさむらのウェブサイト

 

やさい料理の台所 むーみんの森

★五月祭メニューあり★

» むーみんの森のウェブサイト

・・・・・・・・・・・・

【特集】

「食」に関わる人を特集した今号の五月祭プレスS+M+L(4/20頃発刊予定)。記事では鹿罠猟の話も出てきます。そこで今回はその話題にちなんだ企画として、普段から鹿肉を扱っていらっしゃるシェフお二人に、お話を伺ってきました。

・・・・・・・

最初にお伺いしたのはギャラリー&カフェ あそび心。

「今、鹿肉が届きました!これからさばきますけど見に来ますか?」と、お誘いの電話が。
ちょうど取材の件をお願いしていたので、絶妙のタイミングです。

さっそく駆けつけ、お仕事を拝見させていただく事に。
慣れた手さばきで、大きな塊の鹿肉を次々と切り分けていくシェフの三島さん。


鹿肉を届けくれたのは、捕獲から解体処理、販売までを専門で行っている地元の猟師さん。たまたまお店のお客さんからその方を紹介してもらったのがきっかけで、鹿肉を扱うようになったのだとか。
豊かな森にめぐまれた伊豆半島ならではの出会いだったようです。

「鹿肉は食べ慣れていな人には敬遠されがちですが、牛や豚とはまた違った美味しさがあって、なおかつ栄養価も高くてヘルシーなんです」
どんな料理法が美味しいかという話題になると、隣でコーヒーを淹れていた三島さんのお母様も加わっての、熱い鹿肉談義となりました。
鹿肉独特の柔らかな食感を味わうならソテーが良いでしょう、と三島さん。

「これ食べてみて下さい」
ささっと調理してお出しいただいたひと皿に思わず舌鼓。
「本当は少し熟成させた方が美味しんですが、新鮮なのもまたいいでしょ」

獲れたて、さばきたてならではの味を堪能させていただきました。
自然の恵みとシェフに感謝!

 

・・・・・・・・・・

そして次にお伺いしたのがBISTROT quechampla(ビストロくさむら)。

くさむらのシェフ、田島さんには今号の五月祭プレスS+M+Lにもご登場いただいています。
開店前のお店にお邪魔すると、エスプレッソを淹れながらお話を聞かせてくれました。


田島さんはスペインのレストランでお仕事をされていた時に、鹿、キジ、鳩、ウサギなど様々なジビエを調理されていたそうです。
肉の部位や切り分け方の話から、話題はヨーロッパの家庭料理に…
「煮込みを作るときは3~4日かけてじっりと仕上げるんです。夜の間外に出して冷まして、また朝火にかけて…一気にたくさん作って一週間がかりで皆で楽しむ。冬のイベントみたいなものです」
調理にかける時間の感覚が、日本とちょっと違います。

またジビエ料理の魅力は、その動物がもつ独特の味のクセを楽しむところにもあるようです。
臭みやエグみも素材の個性であると。
「臭みを消すのでなく、ソースやスパイスやハーブを使って調和させるんです」

ただ単に食べやすさだけを求めるのでなく、大人の味わいを楽しんで欲しい、と田島さん。
言うなれば「少し背伸びをしてみよう」ということ。

いろんな事にも通じてくる、深いお話でした。

 

・・・・・・・・・・

取材にご協力いただきました三島さん、田島さん、どうも有難うございました!

イベント会場マップ